車検時に確認しておきたい個所

どこを見ておけば安心できる?

車検というのは、「ただ通すだけ」も可能です。近い将来故障する可能性を秘めていても、基準さえ満たしていれば、合格してしまうんです。それではせっかく車検を受けても安心できません。
一般的には、安心して車に乗るために法定24カ月点検整備を合わせて行い、問題点をチェックし、整備を行います。

そんな、車検の際の点検整備についてですが、一体、どのような点に注意して行えばいいのでしょう。ここでは、大きく4つに分けて、車検時にメンテナンスをしておいた方が良いところについて紹介していきます。

»室内

  • ブレーキペダル・クラッチペダルの遊び、床板の隙間
    ※クラッチペダルはMT車のみ
  • ブレーキ・パーキングブレーキの効き
  • ハンドルの操作具合(緩みがないかなど)

»エンジンルーム

  • エンジンオイル・燃料の漏れ
  • ファンベルトの緩み・損傷具合
  • パワーステアリングベルトの緩み、油量・油漏れなど
  • ブレーキマスタシリンダの液漏れなど
  • 点火プラグ・ディストリビュータの状態
  • バッテリー、バッテリーターミナル、電気配線の接続部の状態
  • エアクリーナーエレメントの状態
  • 冷却水の漏れ
  • 排気の状態(煤煙・悪臭のあるガス、有害ガスなどの発散防止装置などの点検含む)

»下回り

  • ステアリングギアボックスのロッドアームなどの緩み、損傷
  • ポールジョイントのダストブーツの亀裂・損傷
  • ステアリングギアボックスの取りつけ
  • ディファレンシャルの油量・液漏れ
  • ブレーキホース、パイプの液漏れ、損傷など
  • エキゾーストパイプ・マフラー・遮熱板の緩み、損傷など
  • マフラーの機能
  • ホイールシリンダ、ディスクキャリバーの液漏れ

»外回り・足回り

  • 空気圧や亀裂、溝などのタイヤの状態
  • ブレーキドラムとライニングの隙間、摩耗・損傷の状況など
  • ブレーキシューの摺動部分、ライニングの摩耗など
  • ブレーキディスクとパッドの隙間、ディスクとパッドの摩耗など
  • ホイールナット・ボルトの緩み
  • プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部の緩み、ドライブシャフトダストブーツの亀裂など
  • サスペンション取りつけ部分、連結部の緩みなど
  • 車枠と本体の緩み、損傷など
  • ホイールアライメント、ホイールベアリングのがた
  • ショックアブソーバーの油漏れ、損傷など

ざっと上記の項目を法定24カ月点検で行います。「パッと聞いても、何のことだかわからない…」という方も多いかもしれません。しかし、これらはどれも、安心、安全に車を運用するために欠かせない物ばかり。もちろん、少し知識があれば、自分でチェックすることも可能ですが、中には、専門の機具やテスターを使用しなければ計測、チェックできないものもあります。

車検のタイミングで、そういった個所のチェックを行うことは、とても大事なことだといえるでしょう。