分析!車検費用の内訳 その2

車検基本料とは

法定費用は、車検を受ける際に必ず発生するものであり、どこで受けても同じ金額がかかります。
しかし、車検の方法や受ける場所によって変わってくるのが、「車検基本料」の部分です。
車検基本料には、「24カ月点検整備」、「検査代」や「代行手数料」が含まれています。
この車検基本料、簡単にいえば、車検を取り扱う業者の儲け分となっています。どこまで整備を行うのか、代行手数料をどのレベルに設定するのかは、各業者が定めるものだからです。そこで、どういったレベルの整備を受けるかなどを考えることが大事だといえます。

車検基本料の目安

  車検費用合計
ディーラー車検 法定費用 + 40,000円~100,000円
車検専門フランチャイズ車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
民間整備工場車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
カー用品店車検 法定費用 + 20,000円~60,000円
ガソリンスタンド車検 法定費用 + 20,000円~60,000円
ユーザー車検 法定費用 + 0円
車検代行 法定費用 + 10,000円~30,000円
  • ※ 表の価格はおおよその目安です。別途整備費用が必要な場合があります。

法定24カ月点検整備

そもそも、車検というのは、国が定めた基準に適合した車かどうかを「国が」検査するというもの。車検は、検査を受ける際に基準に適合してさえいれば、極端な話、たとえ、近い将来故障しそうだと思える車でも合格することがあります。もちろん、その後の安全が保証されるわけではありません。

そこで、安全に自動車を運行するために重要になってくるのが、「法定24カ月点検整備」です。ディーラーなどの指定工場であれば、車検を通す際に法定24カ月点検整備を行うことがほとんどです。ここで、外からは見ることができない部品の状態や、排気ガスの状態を専門の機械でチェックするなど、プロの目で点検をしてくれるため、非常に安心できるわけです(もちろん、料金は発生します)。

そんな法定24カ月点検のチェック項目は大きく分けて4つあります。

室内点検

この点検では、ブレーキやパーキングブレーキの効き、ハンドルの操作具合などをチェックします。

エンジンルーム点検

この点検では、エンジンオイルや燃料漏れ、トランスミッションの油量、パワーステアリングのベルトの緩みや損傷、ブレーキの液漏れ、バッテリー、点火プラグ、エアクリーナーなどのチェックを行います。

下回り点検

マフラーの機能、ブレーキホースやパイプの状態、ディファレンシャルの油量や油漏れ、ステアリングギアボックスの状態などをチェック。

外回り・足回り点検

タイヤの空気圧・亀裂や溝の深さなどの状態、ホイール・アライメント、ブレーキディスクやパッドの摩耗・損傷、ショックアブソーバーの油漏れ・損傷などのチェックを行います。

これらの整備をどこまで行うかによって、車検基本料は大きく変わるということを覚えておくといいでしょう。パーツ交換の有無によっても、かなりの金額の上下が出るはずです。

もちろん、コストを極力下げたいなら、最低限の点検を行ってくれることを、また、安心を重視するならば、充実した点検を行ってくれることを踏まえた、車検先探しをする必要があるでしょう。